縁は異なもの、味なもの

 

早いもので一週間が過ぎ去った。

2012年11月4日(日)
木暮 ”shake”武彦 SPAECIAL LIVE!
オープニングアクト:化石の森、BIG HIPS
at Curry&Bar J’s(カリーバー ジェイズ)

 

きっと「化石の森」メンバーは

11月4日を毎年シャケさんDAYとして思い出すのではないか(笑)
というぐらい、この日は素晴らしい夜になった。

 

この半年間「化石の森」として

イベントの準備にあたっても

富士山麓の空の下にいるシャケさんと共に過ごしたような気がする。

 

言葉にできないなぁ、難しいなぁ。
でも皆さんにきちんと言葉で届けたいこと、

たくさんあるしなぁ・・で一週間は過ぎ去った。

 

まずは今回のライブで一番に御礼を言いたいのは
シャケさんに心から

「ありがとーーーーーう、シャーーーケーーーさぁーーーん!!」と

富士山に絶叫で届くほどの声で吠えたい(笑)、本気で。

 

そして、普段は社会人をしながら

このようなライブが開催できたのは、目に見えないところで多くの力に
支えられたことが本当に大きかった。

 

4月にひょんなことから(約1週間前に出演が決まった)
仙台にソロライブでいらしていたシャケさんの前座をつとめさせていただき

居酒屋で大盛り上がりに。

思えば、あの時からご縁がつながっていたんだと思う。

 

あれから約半年の間、
シャケさんに命名していただいたバンド
「化石の森」でこのイベントの実現のため

と思えるほどの勢いで活動してきたが、
シャケさんをお迎えしてライブを行うことができたのは
メンバーを始め、

イベントに賛同してくれた

会場 のCurry&Bar J’sの皆様、
BIG HIPSさん、
そして見事SOLD OUTとなった背景に

東北各地からシャケさんのライブを
心から楽しみにしていたお客さまの想いもあって
あんな奇跡的な夜を過ごせたのだなぁと思う。

 

皆様とのご縁に、心から感謝しております。

 

クレイズセガワの言葉にあるとおり、
私どもはライブ主催&オープニングアクトを務めさせていただきました。
そして我がバンドのバルボッサみぃは
シャケさんのとなりでパーカスとして参加する場を与えていただき、
ベースマン・ミートもミキシングを通して本当に多くのことを
学ばせていただきました。

 

今後の「化石の森」としては
レコーディングのためしばらく活動を休止することとなりますが、
それぞれのソロ活動が活発化していくこととなるかと思います。

 

「化石の森」のレコーディングで音源を制作する際にも

いつかまたシャケさんが来仙する日を夢見て
一音一音を大切に、作品作りを大切にしていきたいと思っております。

 

縁は異なもの、味なもの
といいますが、

全部がそうだったなぁといま振り返りながら実感しております。

 

そして、最後に。

 

シャケさんへ

 

どんなときも芯を大切にし
どんなときも軸がぶれず
それでいて空気を読み
どんなときもゆるがない優しさ

 

そんなこころもちの人間に

自然が微笑まないわけがない。

 

いつかまた再会できる日、

空が晴れていることを願います。

 

2012年11月4日(日) 晴天。

 

皆様、

心から本当にありがとうございました。

 

                           ラリーアッサラーム